Yanase Derma’s Diary

皮ふ科専門医による皮ふ疾患や論文などの紹介です。https://www.yanased.com/

㊗ 紙屋町やなせ皮ふ科クリニック 開業一周年✨✨

おはようございます。

 

本日、2024年04月12日をもちまして

紙屋町やなせ皮ふ科クリニック 開業1周年を迎えることができました✨

 

これもひとえに

 

わたくしをここまで育ててくださった

父母兄弟、大学病院や医局関係者、関連病院の先生方、同僚、後輩の方々

そして家族のサポートのおかげと心より御礼申し上げます。

 

また、肌のトラブルやアトピー・乾癬などさまざまな皮ふの疾患をおもちで

あるいはさらにおきれいになるための美容医療として

当院を選び訪れていただいたあらゆる患者の皆さまには

 

引き続き 当院の理念である

「すこやかな皮ふなり、笑顔となりますように。」

をモットーに

 

少しでも早く、きれいに健やかな皮ふになっていただけるよう

そして、地域で選ばれ、患者の皆さまにとって

最高の満足度が得られますよう引き続き努めてまいります。

 

 

ひきつづきどうぞよろしくお願い申し上げます_(._.)_

 

📦お得情報📦

開業一周年記念としてささやかではありますが

① わき脱毛 20%オフ

② あご/ひげ脱毛 20%オフ

③ トラネキサム酸ローション(GAUDI/plusRestore)10%オフ

を実施いたします✨

 

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

先週日曜日はアトピーの全国講演会で東京へ出張をしてまいりました。

また一昨日は市内でアトピー、昨日も乾癬の勉強会があり

とても勉強になったので、あらためてまとめたいとおもいます。

 

医療は日進月歩で素晴らしい研究がなされ、

治療薬も次々に開発され、臨床に応用されています。

私も、温故知新で以前からの有用な治療と、最新の治療を融合・進化させて

さらに患者さんにとって高い効果のある最善と考えられる治療を実施してまいります。

 

私自身も

来週はアトピーの、再来週は乾癬のオンライン講演会の依頼があり

西日本の皮膚科医向けに講演会演者として参加する予定です。

また、5月にはにきびなど美容治療をふくめた講演の依頼もあります。

また報告いたします。

 

さらに進化し、みなさまに選ばれるクリニックを目指して

ことしも努めてまいります。よろしくお願いいたします。

【皮ふ疾患まとめ】てのひら、わきの下のあせ(腋窩・掌蹠多汗症)の最新治療について💦

みなさま、こんばんは。

 

3月も残りわずかですね。

新年度を控えて、今の間にピアスをあけようとか、

皮ふのできものをとっておこうとかで

おいでの方がたくさんおいでです。

 

なかには、わき汗や手のひらのあせを

医学的にしっかりと治療したいとお越しの方もいらっしゃいます。

 

本日は、いわゆるワキあせ・手アセ(腋窩多汗症/掌蹠多汗症)について

まとめてまいります。

 

以下の文献をわかりやすくまとめます。

藤本智子ら, 原発性局所多汗症診療ガイドライン, 日皮会誌: 133, 157-188, 2023 

追記) まとめてインスタに載せましたのでそちらからお示しします

 

当院では

◎エクロックゲル1500円/本・ラピフォートワイプ2200円/月・アポハイドローション700円/月(3割負担の価格) 処方

腋窩ボトックス(当院は自費で実施に変更します:両腋窩ボトックス® ¥55,000-)

◎プロ・バンサイン処方(1100円/月(3割負担の価格) の処方

20240405_204221927_iOS.png

20240405_204225078_iOS.png

続発性多汗症の鑑別に必要と判断すれば/ご希望があれば検査も実施します

20240405_204229661_iOS.png

多汗症の治療に外用薬が効果的です!来院時詳しくご説明します。

20240405_204232529_iOS.png

わきボトックスを当院では自費で実施します(両わき:¥55,000-/100単位)

20240405_204215610_iOS.png

流れるような汗(;'∀')ならば内服薬も処方します!

さて、以下、まとめた内容を記載してまいります。

 

【定義】

原発性局所多汗症とは:

手掌・足底・腋窩・頭部顔面の限局した部位から両側性の過剰な発汗を認める状態

罹患率

0.6-1%(イスラエル、1997年)、

16.3%(ドイツ、2013年)、

5.5%(スウェーデン、2016年)

10.0%(腋窩5.9%、頭部顔面3.6%、手掌2.3%、本邦、2020年)

多汗症は自身の多汗症状が日常生活に支障を与えていると自覚すれば治療を開始すべきとされます。ただし、受診率は6.3%と低率にとどまっています(2013、本邦調査)

【重症度診断】

HDSS(hyperhidrosis disease severerity score)

1. 発汗は全く気にならず日常生活に全く支障がない

2. 発汗は我慢できるが、日常生活に時々支障がある

3. 発汗はほとんど我慢できず、日常生活に頻繁に常に支障がある

4. 発汗は我慢できず、日常生活に常に支障がある

多汗症治療にはHDSSが3以上が必要です。

診断アルゴリズム

原発腋窩多汗症における診療アルゴリズム

原発性手掌多汗症における診療アルゴリズム アレ、外用抗コリン薬 
アポハイドローション®の記載がないですね 現在保険で使用可能です

多汗症診療アルゴリズム

1) 塩化アルミニウム製剤

(推奨度 手掌:B, 足底・頭部顔面:C1)

(当クリニック取り扱いなし)

原発性局所多汗症においてまず行ってよい治療。重症度に応じて、単純外用や密封療法(ODT:occlusive dressing technique)をおこなってよい。腋窩・手掌多汗症・頭部顔面は単純外用、掌蹠多汗症の重症例にはODTが望ましい。刺激性単純接触皮膚炎などの副作用が生じることもある(ステロイド外用で改善する)。作用機序は塩化アルミニウムが角層内汗管に沈着し閉塞させたり、金属イオンが合成した沈殿物が汗の上皮管腔内を傷害し汗管を閉塞させるなどが考えられている。80%以上の有効性があるとされている。20%、30%、50%製剤などがある。

 

2)外用抗コリン薬(ラピフォート®ワイプ、エクロック®ゲル、アポハイド®ローション)

(推奨度: 腋窩多汗症:B, 掌蹠多汗症:C1,頭部顔面:C2)

本邦において以下の製剤が承認された。

①3.75%グリコピロニウムトシル酸水和物; ワイプ製剤(2022年)

(ラピフォート®ワイプ:腋窩多汗症

②5%ソフピロニウム臭化物; ゲル剤(2020年)

(エクロック®ゲル:腋窩多汗症

③20%オキシブチニン塩酸塩

(アポハイド®ローション:手掌多汗症

(当クリニックいずれも処方可)

作用機序は、汗腺分泌部に存在するM3受容体を介したコリン作動性の反応を阻害し、外用部位のエクリン汗腺の発汗を抑制する。

副作用は

ソフピロニウム:ラピフォート;抗コリン作用による口渇5.0%、排尿困難:3.7%、散瞳が3.6%(国内第Ⅱ/Ⅲ相臨床試験(M606102-02))

グリコピロニウム:エクロック;口渇16.9%、霧視6.7%、散瞳5.3%、排尿障害4.2%、鼻腔の乾燥3.6%、ドライアイ2.9%と報告されている(ATOMS1/2試験)

臨床成績は、国内第三相試験で

50%以上の改善はエクロックが77.3%、ラピフォートは90%

HDSS1-2かつ平均発汗重量が50%以上改善はエクロックが53.9%(52週)、ラピフォートは41.1%(4週)

 

3).水道水イオントフォレーシス療法

(推奨度:掌蹠多汗症 B,腋窩多汗症 C1,頭部顔面多汗症 C2)

当クリニックでは実施していません

イオントフォレーシス治療法は,患者の右手,右足を水道水で浸した金属トレイの中に入れ一方を陽極に他方を陰極にして 6~9 mA の電流で通電を 20 分間行い,この通電を週に 1 回毎週繰り返し施行した結果,統計学的に有意に発汗量が低下することが報
告されている。

機序として電流を通電することにより直接汗腺細胞のイオンチャネルなどに影響を与える可能性が考えられている。

 

4)A型ボツリヌス菌毒素製剤の局注

(推奨度:掌蹠多汗症 C1,腋窩多汗症 B,頭部顔面多汗症 C1)

当クリニック実施可

 

ボツリヌス菌毒素はグラム陽性菌の clostridium botulinum が産生する神経毒素で A~G 型の 7 種がある.この中で A 型ボツリヌス毒素(BT-A)は精製度が高く,効力や作用時間が最も優れており,コリン作動性神経の接合膜からのアセチルコリン放出を抑制す
る作用がある.注射時疼痛、手掌足底では筋力低下の可能性も

・掌蹠多汗症

80%で効果は5か月間見られ、特に副作用はないとする報告(Naumann、50U)

全例に6か月間有効、ただしHDSS3以上の重症例以上では効果は限定的(Yamashita,60U)

腋窩多汗症

15年以上BT-Aを投与した117症例において80%で改善が継続(左右50Uずつ計100U)

注射時疼痛は限定的で、手の筋力低下は稀。

 

4)抗コリン薬内服(推奨度: C1)

当クリニック処方可

抗コリン薬(プロ・バンサイン®)は、米国多汗症センターからの報告では外用療法やボトックスの無効症例のみに使用を推奨するとされる。カナダでは顔面多汗症に対して第一選択とされている。ただし、高齢者に対する過活動性膀胱の治療では認知症を誘発する可能性が示され高齢者での使用は推奨されない前立腺肥大や緑内障には禁忌。副作用として口渇・霧視・ドライアイ・尿閉・頻脈・めまいなどがあるため、用途に合わせて適時服薬としてもよい。

 

2023原発性局所多汗症ガイドラインクリニカルクエスチョンまとめ

 

さてさて、当院では

◎エクロックゲル1500円/本・ラピフォートワイプ2200円/月・アポハイドローション700円/月(3割負担の価格) 処方

腋窩ボトックス(当院は自費で実施に変更します:両腋窩ボトックス® ¥55,000-)

◎プロ・バンサイン処方(1100円/月(3割負担の価格) の処方

が可能です。

 

 

ではでは~ またあらためてまとめて、インスタやブログに上げますね。

※この文章に書かれた内容は筆者の論文まとめおよび経験知識に基づいたもので、必ずしもすべての症例に当てはまるわけではありません。治療には専門家の指示のもと行っていただきますようお願いします。内容に関しては適宜改定・修正をする可能性がございます

【院長の日常】最近のできごとと価格改定に関するお知らせ🌸🌸🌸

おはようございます🌞

 

しばらくぶりの更新です。

 

 

本日は3/23(土)、早朝です。

朝は昨日も広島市内平野部でも気温1℃と冷え込んでいました。

 

 

まだダウンジャケットを着ないと寒い日が続いています。

 

寒さ暑さも彼岸まで、といいますが

 

春のお彼岸(春分の日)の3/20も過ぎ

 

いよいよ桜の開花前線が到来し本日3/23(土)は広島で桜の開花予想日となっています。

 

本日は雨模様ですが暖かくなるようですね。

 

 

 

・・・とはいえ、この先低気圧や前線が通過する日が多くなり

すっきりしない雨模様、いわゆる春の雨、菜種梅雨、のようです。

 

 

早く晴天のもとお花見に行きたいものです🌸

 

 

 

ここ最近は、

2-3月の確定申告のため税理士さんと相談や必要書類の準備・整理をしたり

3月中旬は山口県の皮ふ科地方会に講演にお招きいただいたり、と

何かしらわちゃわちゃしていました。

 

3/17(日)は日本皮膚科学会山口地方会にお招きいただきアトピーの講演をしてきました
下村教授、山口先生お呼びいただき、またご馳走いただきありがとうございました ❣

 

そんななか何度か体調を崩したりして

最近は運動や仕事もじゅうぶんできなくて、ちょっとたるんでました。

 

 

乾癬のデータ整理も少しずつ進めて発表の準備をし

ことしの乾癬学会で発表したいと思っています。

 

 

とはいえ、来週も某所で乾癬の講演をおこないます。

 

心理学を用い、どのように治療に対し前向きになっていただけるかなども盛り込みます

 

当院のスタッフも、春が来て

残念ながら転居の都合のため遠くへ行ってしまう職員もおられますが😿

新たに一緒に働いていただける方もいらっしゃいます。

 

 

やなせ皮ふ科も、

開業一周年をまえに

いよいよ患者さんも増えてまいりました。

予約システムを稼働し、平均待ち時間は30-40分前後とまずまずとはいえますが

 

なかには1時間程度お待たせする患者の皆さまもおいでで

たいへん申し訳なく思っております。

 

 

この一年、

すこしずつ新たなことにチャレンジしてまいりました。

 

 

・美容治療技術の向上(ホクロ・シミ・いぼ・血管腫治療)

・ボトックス治療の導入

・各種美容ドクターズコスメの導入、拡大

・男性・女性薄毛治療の拡充

 

 

ほくろやイボの除去の希望の方も多くなってまいりました。

手術もかなり予約が取りづらくなってきました。

あからがお、酒さの方、ニキビのかたもどんどん良くなっていかれます。

 

 

わたくしどもも、2024/4/12で

開業1周年になります。

何らかのイベントをおこなう予定です(^^♪

 

 

ただし、医療技術に対する対価は、特に自費診療において

他院とのあまりに異なる治療費設定は誤解を招くため

(安すぎるといわれてきました)

また、2年目以降は

レーザー機器その他の保守点検費用もかなり負担となってまいりますため

2024年4月をもって一部の自費治療価格を改正いたしますことをご容赦ください。

(HP等への記載をもって提示します)

 

 

当院は、引き続き

「正しい知識に基づく正確な診断のもと」

「たしかな技術と最新の知見、ただしい処方で」

「なるべく早く、皮ふの病態を改善させる」

ことを目標に取り組んで参ります。

 

 

 

引き続き何卒ご愛顧のほど

賜りますようお願い申し上げます✨

 

 

さて、では今日も元気にがんばってまいります♬

乳児(いちご状)血管腫の診断と治療

もう先週の2/21になりますが

 

和歌山県医大膠原病血管腫の専門でいらっしゃる神人(じんにん)教授が

広島にお見えになり勉強会がありましたので(すごいく高貴なお名前ですね)

 

乳児血管腫について復習してみます。

 

乳児血管腫、イチゴ状血管腫と以前はよばれており

そのかわいらしい名前とは裏腹に

一部の患者さんではその機能予後を著しく損ねる疾患でした。

 

現在は素晴らしい治療が確立しており

いまであれば〝どのタイミングで〟〝どのような症例〟が

積極治療の適応になるか、という見極め

このご病気に当たった医師に必要となっています。

 

興味深いことに

「1歳半ばまでに急速に大きくなり」

「急速にしぼんでいく」

疾患であったので以前であれば〝Wait and See〟(待って様子を見ましょう)

という治療ポリシーでした。

 

ところが、瘢痕とか皮膚のたるみなどを残すこと

とくに顔面や口の周りにできた場合哺乳に問題をきたす場合があるなど

問題となる場合は多々ありました。

 

現在はβブロッカー(プロプラノロール;ヘマンジオル®シロップ)という治療薬が

適応となっており、この疾患の患児に素晴らしい有効性を認めています。

以下、まとめています。

 

タグ付きの写真: Screenshot, Template

いちご状血管腫は5.5-7.5週で急速に増大します

いちご状血管腫の一部では積極治療適応があります

潰瘍化した症例や顔面・陰部の症例は治療適応があります

一方で見た目や機能的に影響が少ない部位は様子見でよいとされます

このような後遺症は病態安定後切除で問題はないと考えます(私見

乳児血管腫は想像より大きく盛り上がるためご両親の心配は大きいです。
ご心配でしたら専門施設へ紹介しもらうのが良いと思います

 

 

とくに、本剤の治療は小児科医により心機能を評価しながら投薬する必要があるため

小児科と連携した治療が必須となります。

以上です✨

 

instaにもupしたんですけど

きょうはなにか画像が荒くなってしまいました・・・?

なぜだろ?

 

ではでは・・・明日から頑張ります✌

 

 

【皮ふの病気について】花粉症皮膚炎の予防と治療

おはようございます🌞

 

紙屋町やなせ皮ふ科クリニック院長のやなせです。

 

2月中旬から下旬に入り、

 

いよいよ花粉症の季節がやってきました。

 

今の時期目の周りのかゆみを訴えられる方によくおいでいただくようになりました。

 

 

アトピー性皮膚炎があるかたも、ないかたも

 

2月中旬から4月にかけて今の時期に発症する目や頬、首周りの痒みは

 

花粉症皮膚炎の可能性があります。

 

以下

 

instagramに掲載しましたのでのせますね。

 

適宜追加・加筆の予定です。

 

タグ付きの写真: Cartoon, Screenshot

花粉症はマスト細胞の関与する1型を主体としたアレルギーです

2月中旬から4月まで花粉が飛散します。これからですね・・・!

まさに日本列島花粉のシーズン・インです。花粉症の方はしんどい季節です

タグ付きの写真: Cartoon, Screenshot, Internet, Person

まずは悪化因子を避けることが大切・・・!

タグ付きの写真: Screenshot, Text, Internet, Template

ヒスタミン薬が基本で、ステロイド噴霧も時に必要です。

タグ付きの写真: Screenshot, Internet

舌下免疫療法は当院では実施していません

タグ付きの写真: Person, Screenshot, Cartoon

この時期の目の周りの痒みは花粉皮ふ炎のことが多いです

 



タグ付きの写真: Cartoon, Illustration, Arts and crafts, Person, Drawing, Screenshot

ご自分の対処で難しければお近くの皮ふ科などを受診ください

 

ではでは、みなさま

花粉にお気をつけていただき

今週も頑張りましょう!

今夜は広島では雨の予報です 

広島市の今日明日の天気 - 日本気象協会 tenki.jp

今日の花粉は少ない予報です https://tenki.jp/pollen/



 

【美容】ほくろの治療経過の実際 ①炭酸ガスレーザー【皮ふの病気について】

みなさんこんばんは🌃

 

今朝は高松におりまして

 

そこから移動し勉強会に参加して帰りました。

 

復習しようと思っていたのですが

 

下記スライドを作成して遅くなったので寝ます・・・

 

また、日中は暖かい日が多くなってきました。

本日も日中はコートはいらなかったですね。

そうなると気になるのが花粉症と花粉皮ふ炎です。

 

また近々まとめます。

 

 

本日は、自費診療としての

ほくろの治療経過の実際をお示しします。

 

医学的に、あってもなくても問題がないものを

整容目的に除去するのであればこれはやはり自費診療ということになります。

 

ただ、当院は

いたずらに患者さんから高い値段をいただくのが好きではありません。

安くできるなら安い方が良いです。

当たり前の話ですよね。

 

ぼくはもともとお金持ちの家ではありませんので

金銭感覚は庶民感覚だと思います・・・

 

 

タグ付きの写真: Screenshot

 

メラノーマは悪性ですが、後二者は悪性化の可能性は低いです。

dysplastic nevusと呼ばれるほくろの一部では慎重に経過を見る必要がありますが・

 

タグ付きの写真: Screenshot

ダーモスコピーで特徴的な所見がみられますがこれは習熟していないと簡単ではありません

 

ほくろはよいホクロのことが多い

 

レーザー直後はちょっとグロいかも?

 

赤みは3-6か月持続します。早く薄くしたければハイドロキノンを処方します

タグ付きの写真: Screenshot

色素沈着(PIH)は薄くなっていますね。

 

ほくろをQスイッチレーザーで焼灼する方法もあります。

これはまた追って経過をお知らせします。

 

ではでは・・・

 

お休みなさい・・・✨

 

 

 

【講演会まとめ】悪性黒色腫の診断と最新の治療  聖マリ 門野教授来広 

みなさまおはようございます。

 

昨日は聖マリアンナ医大教授の

野岳史先生がはるばる広島においでで

悪性黒色腫の臨床診断と最新の治療についてご講義頂きましたので

自分用に復習を兼ねて書いていきます。

前半は一般の方向け、後半は専門家向けです。

 

 

門野教授は東京大学の理科3類という日本の医学部の最高峰のご出身で

おそらく皮膚科では比較的珍しい皮膚外科学に精通された教授のお一人です。

 

 

虎の門病院にもいらしたことがあり、

ずうずうしく書かせてもらえれば私の兄弟子にあたる方です💦

 

 

虎の門病院は当時、大原國章部長という

悪性黒色腫やPaget病に関しては当時日本で最も多くの症例を手術されていた

いわゆる〝神の手〟の皮膚外科・皮膚悪性腫瘍の権威がおられました。

虎の門病院を副院長まで勤め上げられ、

現在は赤坂虎の門病院というクリニックで勤務しておられます。

皮膚科(皮膚癌/アトピー/ほくろ)|診療科目|赤坂虎の門クリニック

昨年西日本の皮膚科学会で10年以上ぶりにお目にかかりご挨拶したのですが

覚えていていただきうれしく思いました。

大原國章もと虎の門部長と再会




虎の門出身で教授になられたのは私の知る限り

聖マリアンナの門野岳史教授と埼玉医大の中村泰大教授がおられます。

 

 

さて、本題です。

 

悪性黒色腫(メラノーマ)は

黒いホクロのようなしみのようなものなのですが

左右非対称なのが特徴です。

 

heterogenuity(不均一性)というのですが、

悪性の細胞は様々な特徴や遺伝子変異があるため

さまざまな方向に拡がり また増える細胞もあれば消える細胞もあったりと

見た感じが明らかに悪そうです。

日本皮膚科学会皮膚悪性腫瘍ガイドライン第 3 版メラノーマガイドライン 2019 より引用

あきらかに悪そうですよね。

こういうのがあったらすぐに病院へ行くべきです。

 

ただ、初期ではホクロと見分けが難しいことがあります。

とくにメラノーマは稀ですが比較的若年層の20代や30代から発生することもあり

(私も若いころ何人かの若いメラノーマ患者のかたを担当しました)

気をつける必要があります。

 

ホクロが心配で来られた患者さんには

大鏡(ダーモスコピー)を用いて確認し悪性所見が一つもなければ

「大丈夫ですよ」とご説明しています。

 

患者さんには以下のように説明しています。

 

「子ネコはネコになるし、小トラはトラになります」

 

「子ネコが大きくなってトラになることはありません」

 

「トラになるものは子供のころからトラの特徴がすこしでもみられます」

 

(よいものは時間がたってもよいまま、悪いものは最初から悪いものの特徴がある)

 

 

「とはいえ、例外もありますので、〝急速に大きくなるもの〟〝盛り上がるもの〟〝左右非対称なもの〟などは気をつけ、ご心配でしたらまた来院ください。」

 

といって、悪性黒色腫の臨床像のお写真をお見せし、

必要時、また不安でしたら来院いただくように促しています。

 

 

メラノーマの発症率は日本では10万人当たり2人くらいと

白色人種に比べてはるかにすくなく

基本的にさほど心配はいりません。

 

ただ、いくつかの特徴があり古くからいう

 

ABCDE rule

A: asymmetry                  左右非対称

B: border irregurarity    辺縁の不均一性

C: colar variegation    色調の多彩さ

D: diameter   ≧6㎜             直径が6mm以上

E: enlargement/elevation 拡大傾向/もりあがり  

 

などの特徴がみられたらメラノーマを疑います。

 

これらやダーモスコピー(拡大鏡)、

必要に応じて病理組織検査

で診断をおこないます。        

 

黒いできものが心配な患者さんでしたら

これらの特徴がみられるようでしたら

お近くの皮ふ科を受診ください。

 

ただ、黒色病変は必要に応じダーモスコピーで検査をした方が良いですから

その検査所見を丁寧にご説明してくれる先生でしたらより安心ですね。

 

昨日のまとめですが

・(老人性疣贅でみられる)コメド様開孔がみられるメラノーマがある

 

以下、別論文より転記・・・

 

An Bras Dermatol. 2014 Mar-Apr; 89(2): 344–346. より引用

さすがにこれは専門家からすれば肉眼でメラノーマの診断は簡単ですが

門野先生が出された症例はとても難解で

「一見すると老人性いぼ(脂漏性角化症)」と見分けがつきにくい症例でした。

専門家はたくさんの症例を繰り返し見て診断しておりますので

いざ悪性腫瘍にあたったとき

 

「なんとなく悪いような違和感」を感じることが多いです。

 

これは

「病変を悪性の可能性があるとうたがい」「検査し」「摘出し病理学的に確認」

 

という一連の診断治療を繰り返すことによって

はじめて身につくものだと思います。

 

JAMA Dermatol. 2017;153(6):544-551

上記はいずれも老人性いぼと間違えそうなメラノーマとして

論文紹介されてます。

TIDSSKRIFT FOR DEN NORSKE LEGEFORENINGFRIDAY 16. FEBRUARY 2024

上記は左がメラノーマ、真ん中がdysplastic nevus、右が老人性いぼです。

 

専門家なら明らかなんですが、

左のメラノーマに違和感を覚え適切に紹介できない医者でしたら

イボ治療を含めてこれらの疾患を取り扱う資格はないといえます。

(メラノーマは診断を間違えると患者さんは致死的経過をとります)

 

 

 

メラノーマはわたしが若いころ、20年ほど前は

DAV-feron療法という化学療法が主体で

結果は十分得られなかったのですが

 

現在は

免疫チェックポイント阻害薬:ICI や 分子標的阻害薬:BRAF/MEK

(PD-1抗体製剤、BRAF/MEKi)という夢のような薬が出ていて

一昔前でしたら決して助からないような患者さんの生存率は劇的に改善しています。

 

昨日の門野先生のお話では

進行期メラノーマの場合

 

・BRAF変異がなければICI、

・BRAF変異があった場合、ICI ⇒ BRAF/MEK がおそらくもっとも予後が良い

 

とのことでした。もちろんケースバイケースだと思いますが。。。

 

とはいえ、開業医レベルでは

いかにいぼといってこられる患者さんの中に紛れている

ほんものの悪性腫瘍を見逃さないか

その診断が必要だなと痛感しました。

 

ではでは・・・